沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 多摩産材の家 厳選された柱を製材

多摩産材の家 厳選された柱を製材

市場において、柱取りで競り落とした木が全て柱になれるわけではありません。原木を仕入れる時には、素性の良い柱が木取れる丸太を買うことが最重要。木には素性があり、製材した後に曲がってしまうような材は柱としては不向きです。

製材した後に、「柱」と「土台」「桁」「束」にキチンと仕分けます。柱になれる条件ものは、乾燥した後にも真っ直ぐなものです。

横使いは上からの過重で力を発揮するので、柱になれないものは短く使う「束」などに使います。せっかくの柱でも、壁の中で見えなくなくなる建物だからこそ、沖倉製材所では厳選する素材を工務店に納め続けています。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事