沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. 立秋が過ぎました

立秋が過ぎました

立秋が過ぎました。暑中見舞いのハガキも、残暑見舞いと書かなければならなくなります。

小説「山の音」にある、「夜の山の連なりが、音として聞こえる」とは、本来聞こえない音も聞こえるような独特な感性なのかもしれない。
立秋をすぎるとあちこちに霧が発生する。立秋の頃の空は夏と秋が同居し曖昧な季節感を楽しめる。これからの大切な仕事、さらに学問をするにも最適な時候になることを示す空。
本日は早朝より蓼科まで、大切なお客様のご自宅のテーブルメンテナンスに行ってきました。
21度と涼しく、秋に向かう残暑をも惜しむ一日となりました。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事