沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. ホウノキの美しさ

ホウノキの美しさ

ホウノキの製材。
ホウノキは、東京の森にも珍しい希少な木。まな板の他、東京十二木でも多摩産材の和紙や、箸に使われています。


東北のホウノキは寒い所で育つため、目が詰んで硬く、高級な『刀の鞘』などに活かされています。東京では性質が違うので、この地に相応しい最高の活かし方で、持っている魅力全てを導き出し適材適所に活かす。モスグリーンがかった色目も美しく、木工作家やアーティストからも人気の木です。

曲がり材は製材泣かせではありますが、担当する社員の腕も上がり、難なくこなしている姿に「努力の姿勢」を垣間見ることができました。

技術を継承し多摩産材を活かし守りぬく。沖倉製材所は邁進していきます。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事