沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. 日本人の祖先は葦の芽

日本人の祖先は葦の芽

山の恩恵で生きる者は、天地自然の教えからその生き方を学ぶ。人の運は山の木々と同様どこに根付きどう生きるか。自分で撒いた種を自分がどう育てるか。

決して自分に都合良く言い訳をせず、人格をも形成する悪意のある言葉を発したりしない。失ったものに拘らず、更に新しいことを生み出しいっそう努力し励む。

山の木々を見よ。
仲間を潰すことなどせず、互いに活かし合いながら生きている。古事記では日本人の祖先は葦の芽と記される。我々は、それぞれに蒔いた種を今懸命に育てている。

#多摩産材 #とうきょうの木  #沖倉製材所

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事