沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 名もない東京の木を輝かせる

名もない東京の木を輝かせる

沖倉製材所に届く無垢材を活かす案件には、定番の『まな板づくり』があります。

思い出深い会社の記念樹を伐採しなくてはならず、社員の皆様に分けてあげたい、、などのエピソードや、百貨店、暮らしの道具展、ものつくり展、多摩産材ピーアールイベント等にまとめてお届けしています。

樹種も、定番のイチョウから、桐や、ヒノキまで様々で、最近ではパン専用のカッテングボードなどのご相談も増えています。

無垢材を余すことなく適材適所に活かす。沖倉製材所の使命です。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表TOKYOWOOD普及協会代表理事であり、秋川木材共同組合代表理事です。

#東京の木の家
#東京の木
#東京十二木
#多摩産材
#多摩産材プレミアム
#tokyowood
#tokyowood普及協会
#沖倉製材所

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事