日々の沖倉製材所

伝えたいこと
 そのままに。

  1. HOME
  2. 日々の沖倉製材所
  3. 東京の森 多摩産材 東京の木を見渡す製材所

東京の森 多摩産材 東京の木を見渡す製材所

毎日何十年もこの景色を観ながら、製材の仕事に取り組んできました。沖倉製材所には現在、積み重ねた時間による糧が溢れる様にスタートを待っています。

 

『不都合なことがないとして、そうすることを認め、希望や要求などを聞き入れること』など到底できない案件も舞い込み、ガヤガヤとする事もある中で、精神を整理し、山の声を静かに聞きます。

全ては多摩産材普及のために

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表・TOKYOWOOD普及協会代表理事であり、秋川木材共同組合代表理事です。

 

 

😁

    日々の沖倉製材所

    日々の沖倉製材所一覧