沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 国産材普及のために

国産材普及のために

沖倉製材所は、多摩産材同様、西川材の宝庫である吾野原木センターとも協力し、国産材普及に尽力しています。

先日は第60回 吾野原木センター記念市『埼玉県優良木材展示即売会』でした。今回の大物は、高い評価の元で競り落とされた杉桧の大径木。

多摩産材同様、目利きが必要なものを厳選し、7メートルの梁材を競り落としてまいりました。

センター開設時はまだ設計事務所勤めの頃。先代からのお付き合いであり、まだ二代目社長の若かりし頃から馴染みの市場です。

今回が60回の記念市 節目とあり、弊社社長沖倉喜彦にも感慨深いものがあるようで、『ここに来ると初心に戻り清々しい気持ちになる』と話していました。

紅葉も美しい秋の吾野原木センターでした

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

#多摩産材

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事