沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 東京檜原村の松を梁材に製材しました

東京檜原村の松を梁材に製材しました

 

本日も朝から盛り沢山の一日。工務店さんからのご依頼で、東京檜原村の松を梁材に製材いたしました。

前回の多摩木材センターの市で出会った存在感ある東京の松です。

本日も頂いている発注を一つ一つこなし、慌ただしい一日でした。

↑これから上棟する住宅の杉の間柱。

↑桧の柱取り丸太。

↑多摩産材桧のウッドフェンスの部材は都立高校へ。

↑建具屋さんに納める杉の小割材、ドアの芯材になります。

5月らしい心地よい朝でしたが、あっという間に暮れていきました。沖倉製材所は様々なご相談に丁寧な対応を心掛け、充分なヒアリングをさせて頂いております。

皆様に感謝しながら、多摩産材普及の使命を果たすべく、沖倉製材所は日々邁進してまいります。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事