沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 多摩木材センターの市日

多摩木材センターの市日

月二回の多摩木材センターの市。良質材も並び良い時季になってきました。工場では様々な納材が一区切りすること安堵して参戦することができます。

競りには製材をしたことがないブローカーも訪れます。木を見てどのように鋸をいれるか、中身がみえているか等、競り落とした丸太をどう製品にするかが大切な製材と、丸太を転売する仕事とは全く異質な仕事です。

買った丸太を確実に製品にすることが製材の使命であり、醍醐味だからです。尊い製材は山への敬意。山のめぐみを存分に活かすため、鍛練と尽力の毎日なのです。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

#多摩産材 #とうきょうの木

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事