沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 『すのこ』にも全力投球

『すのこ』にも全力投球

沖倉製材所には『箸から家まで』、適材適所に多摩産材を活かしたいとの様々なご相談が届きます。ありがとうございます。

全てにお応えすることはできませんが、志と価値観の共有を大切にさせて頂き、丁寧に時間をかけてご納得頂けた案件のみお引き受けしています。

厚さ35㎜、モミの木 ベッドのスノコ四枚のオーダーです。年末に向けて工場は慌ただしく、納期待ちの製品づくりは順番待ちです。
元の材は天然乾燥されていた真っ黒なもの。中は全く問題ない、質の高いもみの木の美しい無垢板に変わります。

沖倉製材所は多くの皆様に『とうきょうの木・多摩産材』をお届けするために、日々尽力しています。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事