沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 地産地消の家づくり 木を知り尽くした沖倉製材所のこだわり

地産地消の家づくり 木を知り尽くした沖倉製材所のこだわり

東京の山のためには、多摩産材の木を守り、育て、山を管理する林業家との連携と協力だけでなく、多摩産材を使いたい人と企業の理解が何より大切だと私たちは考えています。

伐採された丸太は沖倉製材所で・製材・天然乾燥、グレーティング(品質検査)まで一貫して行われ、プレカット工場に運ばれます。

木のプロとして匠の眼で優良な木材を1本買い付け、高品質で厳しい基準を満たした木の一部を構造材とし、その他は床や羽柄材など、節の有る無し等に左右されず全てを無駄にすることなく使い切っていただけるよう、工務店やハウスメーカーに丁寧にご説明しご理解頂いています。

その志と価値観が一致する人や企業に出会えたときは本当に嬉しくなります。それは東京の森の木々達が活かされ、喜ぶ瞬間なのです。

沖倉製材所はこれからも志と価値観が同じ人と木を活かしてまいります。

#東京の木の家
#東京の木
#東京十二木
#多摩産材
#多摩産材プレミアム
#tokyowood
#tokyowood普及協会
#沖倉製材所

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事