沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 古民家再生 多摩産材の杉

古民家再生 多摩産材の杉

古民家再生の杉床材、1尺×1寸三分を40枚製材しました。

古民家再生は文化財に限らず一般の家庭にも需要はあっても、木を知り木を巧みにこなす腕の良い宮大工ならではの仕事のため、伝統工法、伝統技術を備えた工務店さんの力がなくては叶えられません。

沖倉製材所は木を知り木を活かせる匠たちの技術に負けることのない優良な材をお届けしています。

全ては東京の木・多摩産材の普及のたために、沖倉製材所は今日も邁進。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表、TOKYOWOOD普及協会代表理事であり、秋川木材共同組合代表理事です。

#東京の木の家

#東京の木

#東京十二木

#多摩産材

#多摩産材プレミアム

#tokyowood

#tokyowood普及協会

#沖倉製材所

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事