沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 社寺仏閣

社寺仏閣

沖倉製材所は無垢材を活かす事にやりがいを感じ様々な建築をしてきました。先代である沖倉喜代治の菩提寺である【正光寺】の総桧づくりの山門もそのひとつです。

無垢材は常に空気に触れていると丈夫で長持ち。現在の家づくりは、ほぼ大壁工法が主流ですが、できるだけ構造材現しの家づくりをおすすめしていきたいと考えています。

全ては東京の木・多摩産材の普及のために。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事