沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 木工房三澤の独り言 part4

木工房三澤の独り言 part4

木を育て木を使い、森林の循環を作る。森は雨水をたくわえて綺麗な水を作る。二酸化炭素を吸収して酸素をつくる、生物の住処、洪水や土砂崩れなどをふせぐ。

生活に必要な木材を育て、私たちの心をリラックスさせてくれるなどの効果がある。木は成長するときにたくさんの二酸化炭素を吸収することで、地球温暖化をふせぐことにも役立っている。

それらの木々で家を建てたり、インテリアに使ったりする。それは、山の森を身の周りに移す事と同じ。

適伐期の木を切り若い芽を植える。切った木は第2の木生を生き、新たな芽吹きはより一層の成長をすすめる事で指数関数的に伸びる二酸化炭素の吸収。

その繰り返しが進む事が地球温暖化に対する持続可能な開発。日本の山の木を切り使うこと、それは未来の子供たちに繋げる大切な財産。

木工房三澤  三澤正孝

https://www.woodworkstudiomisawa.com/

木工房三澤 #受注生産品 #東京都八王子市 #八王子市 #八王子 #八王子の家具 #手作り家具工房 #無垢の家具 #東京の木 #多摩産材 #東京十二木
#多摩産材プレミアム #箸から家まで
#志と価値観が同じ人と木を活かす
#多摩産材の新しいブランド #東京十二木の家具

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事