沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 野地板の構造用合板と杉の無垢板 メリットデメリット

野地板の構造用合板と杉の無垢板 メリットデメリット

野地板を構造用合板から杉の無垢板に変更するにあたり、それぞれのメリットデメリットについて。構造用合板は、複数の薄い板を接着剤で圧着したもの。サイズが決まっているので施工がしやすく強度も高いと言われていますが、接着剤の劣化により強度が低下します。

多摩産材無垢杉は、全面に隙間を設けて設置するので、湿気が溜まりにくいため乾燥しやすく合板よりも長持ちします。
無垢杉の耐久性については、今までの実践より得た事です。

例えばリフォームの際に野地板を取り替えるつもりでいた大工が、屋根をむくと野地板は全く傷んでおらず、納めた野地板が戻ってきたことがあります。通常の場合は無垢に勝るものはないと、無垢材を取り扱ってきた者には当たり前のように使用してきています。

施工に手間がかかる、合板を並べる方が気密性は高いですが、気密性を求めることが家にとって最善なのか。全てが数字で判断できることではありません。更に昨今のウッドショックの影響により、外来合板よりも無垢杉の方が今は明らかに安いことも事実なのです。

 

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事