沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 木工房三澤の独り言 No.2

木工房三澤の独り言 No.2

東京十二木の木端は冬の暖をとる燃料となり、木屑は牛舎や馬舎のフカフカベッドになる。木端は燃料となり灰とかし、アルカリ性の良質な土壌改良材となる。

木屑は牛や馬の糞尿を吸収し、栄養価が高い肥料となる。SDGs、木を扱う業界は遥か数世紀前からの慣例である。


自然から頂いたモノを余すことなく使い切る。それは命を頂くこと。
自然に感謝しながら今日も木を削る。

木工房三澤  三澤正孝

https://www.woodworkstudiomisawa.com/

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事