沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 匠の職人魂を持つ大工と沖倉製材所

匠の職人魂を持つ大工と沖倉製材所

長年の製材業の中で強い繋がりは様々ですが、腕のよい大工や職人が少なくその数は限られています。それぞれの現場で必要なその腕を求めて沖倉製材所には問い合わせが多くあります。

プレカットに依存しすぎの工務店がほとんどの中で、方形屋根の難しさを熟知し、表しで見える屋根周りその他、タルキの収まりまで、納得いく仕事がしたいのは高い志ならでは。

例えばプレカットを頼らないベテラン棟梁は、『最高の材料が来たときに失敗はできない。収まり具合を解読してから、本材に墨つけをする』と、仕上がりの二分の一のモデルをつくり手刻みをすると言います。

早速、東京都の公園内に建てる多摩産材総ヒノキの休憩舎の案件では、モデル模型の材をひきとりに来てくれました。

プレカットでは難しくて不可能と、どこにも断られた仕事を可能にできる匠の職人魂との繋がりは、沖倉製材所の誇りです。 適材適所は木材も人材も。最高の材をお届けしています。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事