沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 『日本工学院 八王子キャンパス「アーキテクトビルダー・スタジオ(AB Studio)」が完成

『日本工学院 八王子キャンパス「アーキテクトビルダー・スタジオ(AB Studio)」が完成

日本工学院 八王子キャンパスに、建築学科(四年制)および建築設計科の新実習施設「アーキテクトビルダー・スタジオ(AB Studio)」が完成。東京十二木のマテリアル展示が実現しました。

https://www.neec.ac.jp/department/technology/architecture/

建築系学科のエグゼクティブアドバイザーを務める建築家 渡辺真理氏監修のもと、学生の創作意欲を高める2つの実習スタジオ(A・B)のほか、学生作品展示コーナーや建築関連の書籍を豊富に揃えた書棚も完備。次世代の建築デザイン教育を見据えた、理想的な学習環境を追求しています。

アーキテクトビルダー・スタジオ内全面に、生産性の高い木材加工製品のLVL壁面パネルが使用。面材のほかには柱、梁(はり)、土台等の主要な構造材として活用します。建築材料も様々あります。

床材には、建築を学ぶ上で、大事なもの(マインド・スキルなど)を教員が2年以上に渡り議論、検討を重ね、言語化(パターン・ランゲージ)した18の言語が埋め込まれています。

そして銘木コーナーでは、和室の床の間に使用される、「化粧」を施した木材を展示。有名なものから希少性の高いものまで、多種多様な銘木が展示。銘木コーナーと並びその壁面には多摩産材東京十二木が堂々と展示されています。

石材、高性能3Dプリンター、最新鋭レーザーカッター加工機など、次世代の建築デザイン教育を見据えた、理想的な学習環境を完備した素晴らしい施設です。

東京の木・多摩産材に付加価値をつけた新しいブランド『東京十二木』が、建築を学ぶ多くの学生と、その教育を担う教育者や建築に携わる全ての方々に活用して頂けることを願っています。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事