沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 箸から家まで東京の木

箸から家まで東京の木

江戸唐木箸を伝承し続ける老舗箸メーカー。箸から家までをコンセプトとする弊社とあらたな商品の企画開発をしてきました。

昨年春より取り組んできた「江戸」から伝わる日本の箸が、様々な企画により大きく広がっていきます。
https://www.kawakamishoten.co.jp/
『いただきますの国にうまれて』を掲げ、コツコツと地道に取り組む細かいモノ。これこそが大きなモノを世に出す強い力となるのです。

『江戸・東京の箸』がいよいよこの夏
7月6日からの3日間「東京ビックサイト」にて御披露目されます。
神の國日本の「七十二候・二十四節気」を大切にする、暮らしの木々がコンセプト。

製材時にでる木端を箱に詰めてみました。箸の展示会に活かされる森の恵みです。

沖倉製材所にしかできない天然木のプロジェクト。箸のプロフェッショナルと職人が織り成す多摩産材を活かすプロジェクトをお見逃しなく。

https://www.bigsight.jp/

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事