沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 設計士と沖倉製材所

設計士と沖倉製材所

沖倉製材所は工務店他、個人の設計士さんとの繋がりも大切にしています。ご縁があり信頼関係を持てた設計士さんは直接、沖倉製材所に多摩産材を発注します。

それは設計士自身の目で見て、厳選し御施主様の期待に応えることのできる最高の選択だと気づいた人の特権です。

昨日の多摩木材センターの市では、設計士さんがお施主様とのやりとりに試行錯誤で尽力している最中にも、リアルタイムで生の原木の状態を画像で送ったり、動画で臨場感をお届けしました。

本物には本物の今を届ける。それが東京の木・多摩産材普及のため邁進していく沖倉製材所の志です。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事