沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 箸から家まで東京の木を活かす

箸から家まで東京の木を活かす

沖倉製材所のオリジナルブランド『東京十二木』は、箸から家までがコンセプト。ここのところ届く様々な案件では、箸とリノベーション。

オンリーワンなプロダクト開発体制で、記憶に残るただひとつの美しいテーブル。他にはない、世界でひとつのオリジナルで広がる創造制。国内外で高級ホテルやレストランをデザインする企業。

団地を木質化し、多摩産材の内装にリノベーションなど。地産地消を『東京の木多摩産材』で勝負に出たいとの案件が多く届きます。

新鮮な発想と柔軟な行動力。これからの多摩産材を担う志と確かな実力に期待しています。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事