沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. 大晦日に一年を振り返って

大晦日に一年を振り返って

今年も昨年同様、この一年を振り返ってみました。毎年木材業界は木霊祭からスタート。

とうきょうの木・多摩産材を普及する製材所として、脇目もふらずその道に少しももそれず、木と共に生きる。
木の生きてきた年月に比べることもできない時間ですが、この一年も変わらずに木への敬意を軸に生きて来ました。

今年秋川木材協同組合に参入してくれた『山武医師』も、素晴らしい活動をしてくれました。

今年は住宅や公共事業他、小さなものではスノコまで、自分にしか出来ないオーダーを頂け、更にその木が活かされた瞬間こそが最高の喜びです。

木の家の注文建築については、取引先の大手工務店が本格的に受注拡大を目指すステージとして、今後は展示場効果によるフルオーダー案件の獲得を狙います。

十二木チームが製作してくれた鏡餅

昨年2021は丑年でじっとし
今年2022は寅年で闘い
来年2023は卯年で飛躍する!

新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈲ 沖倉製材所  代表取締役 沖倉喜彦

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事