沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. 『天然乾燥の家づくり』の定義を語る

『天然乾燥の家づくり』の定義を語る

『瀬野和広+設計アトリエ一級建築士事務所』より、瀬野設計士がご来社。

まちとの縁を紹する家づくりとして、地元の「木」をできるだけ利用しながら、木は木で組む屋台骨づくりを施し、持続的に育み続ける家づくりを目指して来ています。

造形的建築をつくり続けようとはせず、身近な自然エネルギーを充分に活用しながら、サスティナブルなまちづくりとしての建築づくりを目指している設計士です。

http://www.senonose.com/

そんな設計士がようやく多摩産材に気づいてくれました。天然乾燥についての実態とその想い、住み継がれていく木造住宅について語り合いました。

これまで出会った沢山の設計士さんとの中で、これ程までに志と価値観を共有出来る方との時間はなかなかありませんでした。

いよいよ『多摩産材』の力強い一歩がスタートします。本物の「天然乾燥の家づくり」とは何か。明確にお伝えして行きます。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

これからの木造住宅のつくりかた (デザイン技術シリーズ3) https://amzn.asia/d/ej4S2FD

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事