沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 東京十二木の仕事
  4. 東京十二木の家 基礎工事

東京十二木の家 基礎工事

マイホームパートナー 一級建築士事務所 が手がける「東京十二木の家」の新築工事が多方面で始まっています。

基礎工事に先立って柱や壁などの中心線や水平線を設定するため、杭を打ってつくる仮設物「やりかた」は、 建物の位置・高さ・水平の基準となる重要な工程です。工事はこのあと「根切り」→「基礎工事」へと進みます。

基礎立上がりのコンクリート打設では、ポンプ車から型枠内に打設されたコンクリートに、バイブレーター(棒状振動機)で適度な振動を与えていきます。

これはコンクリート内部の気泡を除却し密度を高め、強度の高いコンクリートとするためです。また、打設後はアンカーボルトの高さを一つ一つ計測しながら調整していきます。

新たな工事が始まりお打ち合わせを重ねながらお客様の想いを形にしていく家づくり。そこに多摩産材が届けられ上棟です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事