沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 東京の木の可能性 幅はぎテーブル

東京の木の可能性 幅はぎテーブル

ヒノキの幅はぎテーブルを作製中です。

ご要望に合わせた幅と予算で、2枚はぎ〜4枚はぎと様々なサイズが可能です。

はぎの技術は沖倉製材所の腕の見せ所。美しく仕上げます。沖倉製材所は無垢板の加工技術に自信があります。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表TOKYOWOOD普及協会代表理事であり、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事