沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 東京の木が浅草のオフィスへ

東京の木が浅草のオフィスへ

杉の格子材が東京は浅草のオフィスに使われます。無垢材はその土地で生き活かされることが一番。

私達人間と同じように、生まれた場所にいてこそ、活き活きとできると沖倉製材所は思っています。

東京の木 多摩産材 が浅草で活かされています。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事