沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 森林浴と暮らす家 武蔵村山の家

森林浴と暮らす家 武蔵村山の家

『東京十二木・武蔵村山の家』が、マイホームパートナー一級建築士事務所の元、着々と工事が進んでいます。

http://www.myhomep.co.jp/

集成材や合板など建築会社の使い勝手の良い新建材を使わない、地中熱を利用した空調システムとのコラボ住宅。これが、本物の”自然住宅”です。

土地の気候風土、温度変化に耐えている環境の木材である多摩産材を使うこと、東京唯一の多摩産材認証役員監事製材所との直接取引によりコストが削減。

シラス壁、地中熱利用システム、スーパーウォール工法により、目に見えない空気環境まで配慮。

(スーパーウォールは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造の住宅です。「健康」「快適」「安心」「安全」を追求し、暮らしの質を最高水準にまで高め、理想的な住環境を実現します。)

地中熱利用システム

自然素材を得意とする職方による高い技術と丁寧な施工。全工程に渡って住宅専門の監督が隅々までチェックし細やかな注文まで対応している一戸建てです。

沖倉製材所は、先代が残してくれた山を守るために、名もない東京の木を認証制度によって『多摩産材』として立ち上げました。そして現在、更に品質証明の他、新たなストーリーとコンセプトを明確にした『東京十二木』を発進。東京の林業・製材業の栄光と衰退を見てきた沖倉製材所、沖倉喜彦は、これまでと変わらず多摩産材の普及に信念と誇りを持って取り組んでいます。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表であり、秋川木材共同組合代表理事です。

#マイホームパートナー

#多摩産材

#東京十二木

#多摩産材で創るこだわりの健康住宅

#東京の木

 

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事