沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 手刻みの現場に納材しました

手刻みの現場に納材しました

 

ウッドショックの最中、国産材のみ取り扱う手刻みの現場に納材してきました。神社神輿蔵の建設です。

確かな腕と変わらぬ志に、東京の木・多摩産材も嬉しそうです。『ウッドショックからの脱出』を考えたとき、本当の答えがここにあるのではないかと改めて考えます。

今日は他の新築現場からのオーダーである、希少な杉の柱と桧の土台取り丸太も届きました。

杉の野地板と杉の羽目板は朝のうちに現場に出荷。

先日競り落とした、多摩産材のかやの木も製材を急ぎ、加工場ではすでにオーダー頂いている多摩産材桧とトチのテーブルも残業しながら仕上げています。

木材争奪戦の影響は家具にも及び、昨年と比べて軒並み3割高騰し、値上げも余儀なくされていくようです。(WBSより)

今日まで産業育成されてこなかった木材業界。国産材を増産しようにも時期も悪く、当面は価格高騰で逼迫していことが危惧されています。

沖倉製材所はできるだけ皆様のお問い合わせにお応えできるよう、精一杯尽力してまいります。

木材業界のみなさん、頑張りましょう。

 

マイホームパートナー一級建築士事務所さんがおすすめです。http://www.myhomep.co.jp/

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事