沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 多摩産材の家 構造見学会で沖倉喜彦が無垢材の家を語ります

多摩産材の家 構造見学会で沖倉喜彦が無垢材の家を語ります

日野にあるマイホームパートナーさんに打合せに行ってきました。新選組で有名な日野駅には、日本をリセットしな歴史的な活躍を知らしめるポスターがあり、マイホームさんにたどり着くまでに見られる用水路の水も透きとおる、のどかな町です。

家を建てるときに使われる木材は、外国からの輸入物が大半を占めていたため、今年の春からウッドショックによる木材不足と高騰に見舞われ、殆どの工務店は窮地に立たされて来ました。

外来材の柱、建築資材製品だけでなく、外来材でつくられた集成材などの不足で、上棟ができない家、当初の見積もり以上に材の高騰化によりお客様へのご負担のお願いなど、これまでのように思ったような家づくりができない中で、スムーズに家づくりを進めることができた工務店はの多くは、これまでもコツコツと国産材の良さを広げ、その揺るがない価値観で真っ当な木の家づくりをしてきた工務店でした

そのような優良工務店である『マイホームパートナー一級建築士事務所』にて、11月14日(日)14時から 沖倉喜彦による『多摩産材で創るこだわりの健康住宅』を主題とし「何故今無垢の厳選素材で建てる住宅なのか」を素材生産者の立場からお話させていただきます。

https://www.myhomep.co.jp/

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事