沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 野地板も多摩産材杉でご提案しています

野地板も多摩産材杉でご提案しています

ウクライナ情勢によるロシアからの木材供給がストップし、合板も不足しています。ホームセンターからも合板が消え、これから不安定な住宅業界からは、切実な問い合わせが後を絶ちません。

3月現在↑

5月現在↑

野地板には、多摩産材の杉に代替えし、そのノウハウにもしっかりと責任を持ってご提案しています。

又、大工不足の建設現場にも実務の出来る腕利きや、ハウスメーカーには造作家具しに長けた職人をご紹介。大工と共に生きてきた沖倉製材所70年の底力を発揮しています。

https://www.woodworkstudiomisawa.com/

それは、様々な工務店、建設会社とのお付き合いの中で、信頼関係を築きあげてきた事による結果です。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事