社会貢献

沖倉製材所だからできる社会貢献
  様々な活動をしています。

  1. HOME
  2. 社会貢献
  3. 東京農業大学と沖倉製材所

東京農業大学と沖倉製材所

多摩産材を知っていただき、東京の森を守るには発信あるのみ。

昨日は、東京農業大学の学生さんの工場見学をお引き受けしました。

・原木が製品になるまで。

・無垢材の個性、節について。

・多摩産材の新たなブランド 【東京十二木】について。

東京の森と木々、多摩産材のこれからは、若い学生たちに現状をいかに伝えるか。多摩産材の裾野を広げ、携わる人々がそれぞれの技術を未来へ継承できるよう、東京唯一の製材所として精一杯役割を務めてまいります。

昨年は農大世田谷新キャンパスに使う材を木取るため、農大演習林の間伐材を製材させていただました。東京農業大学は、実践と研究の取り組みをしている、日本の未来に必要な大変素晴らしい大学です。

https://www.nodai.ac.jp/

沖倉製材所社長沖倉喜彦は、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表TOKYOWOOD普及協会代表理事であり・秋川木材共同組合理事長です。

 

 

 

 

    関連社会貢献