沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. 修行と苦行

修行と苦行

先日、毎年恒例『京都五山送り火』も終わり、季節は秋に向かい始めています。京都の大文字焼きを見て、修行と苦行について思う。

忍耐力により、困難に遭遇しても日々鍛えてられていることにより安定し、落ち着き、自分を信じることができるはず。
修行は苦しいものと捉えられがちだが、能動的に選んで行うことならば、苦しみではなく喜びとなるという。それは希望を持って自分を高めるということ。
苦行とは、自分を傷めつけることではない。自分を高めることが修行であり、苦行により自分を越えた能力を得ることができる。
と、すれば毎日の仕事は修行であり苦行。

ここにもそこにも、見えない努力と生きる力は、その一歩一歩を着実に歩んでいる。

塔婆をつくり続けるその人も。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事