沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 持ち込み丸太の製材
  4. 持ち込み材を活かす

持ち込み材を活かす

欅が持ち込まれました。
庭木は輪切り、角材の柱は割って脚をつけて衝立にします。

木の活かし方はその人各々ですが、どのようなご相談にも対応が可能です。それは、長年無垢材を活かし続けてきたこその技術。

国産材、地産地消、多摩産材へと皆様の意識は身近にフォーカスされ、東京の山々が守られていきます。今年度も多摩産材普及のため尽力いたします。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事