沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 古民家再生の主役 樹齢250年の杉

古民家再生の主役 樹齢250年の杉

 

連休明けより様々なご相談に対応を始めております。本日は、多摩産材樹齢250年の杉を製材。古民家再生プロジェクトの主役となります。

沖倉製材所の在庫には様々な樹種達が天然乾燥の元、出番を待っています。

250年杉の端材

日刊木材新聞には、ウッドショックによるこれからの影響を危惧する記事が毎日載っておりますが、木材業界も、住宅会社も力を合わせて難題を乗り切れることを願います。

樹齢250年。木々たちは山から我々人間を見つめてきました。その恵みに恥じないよう、日々敬意と誠意を持ち、与えられた業務に邁進してまいります。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事