沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 地産地消の家づくり 多摩産材の家は素材から

地産地消の家づくり 多摩産材の家は素材から

東京十二木の家の、 桧通柱の製材の様子です。【東京十二木】とは多摩産材に付加価値をつけたプレミアムブランドです。

↑↑桧の床材を桟積みしてます。これから低中温乾燥をかけます。

(左)沖倉製材所 天然+中低温乾燥

(右)他社 高温乾燥

沖倉製材所は素材から始める家づくりをご提案しています。東京の製材所からならではの『東京の木 多摩産材』を五感で感じ、全ての建材を東京の木で仕上げる、地場地産、オールトーキョーの家づくり。

【木の家】を建てるメリットとデメリットを明確にし、こだわりの健康住宅をお施主様とデザインしていく。

東京の木で東京の技術者と本物の東京の木の家を建てる。それが【東京十二木】の家づくりです。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表・TOKYOWOOD普及協会代表理事であり、秋川木材共同組合代表理事です。

 

 

 

 

 

 

事業内容100

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事