沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 桧の神棚 多摩産材の桧

桧の神棚 多摩産材の桧

『スサノオ、髭を抜いて放つと、その髭が杉の木になり、胸毛を抜いて放つと檜に、尻毛は槙に、眉毛は樟になった』とは、古事記に記されている記述の一部です。ヤマタノオロチを退治した素戔嗚命(スサノオノミコト)が自分の身体の毛を抜いて大地にまくと、様々な木々が生えたとあります。

又、『ヒノキは宮造りにせよ』と記述もあり、宮造りは、ヒノキの白木造りが正式な形と古来から推奨されて来ました。

ヒノキは、長寿を誇る木の中でも、これほどの寿命をもつ木は多くありません。これがヒノキを霊的に崇める理由となっているそうです。

神棚は神様が御鎮座される大切な場所。更に志に磨きをかけて、心を込めて納めさせて頂きます。

全ては多摩産材の普及のために。沖倉製材所は邁進してまいります。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事