沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 武蔵増戸の紹介
  4. 多摩産材の裾野 春の武蔵増戸駅

多摩産材の裾野 春の武蔵増戸駅

沖倉製材所のある武蔵増戸駅(むさしますこえき)は、東京都あきる野市伊奈にある、JR東日本五日市線の駅です。毎年この季節には駅前の桜が見事に美しく咲き誇ります。1925年(大正14年)4月21日、 拝島 – 武蔵五日市間の開通と同時に開業した古い歴史のある駅です。

約90程前に、五日市鉄道が開通したのを記念してJR武蔵増戸駅前に植えたと言われる「安兵衞桜」。長い年月武蔵増戸駅前で地域を見守り、春の駅前を彩ってきた桜です。

多摩産材の匠『杉田さん』は、人生をこのと共に生きてきました。

またゆっくりと、あの笑顔と元気な歌声で一緒に笑いたいです。

We would like to tell our gratitude to Mr. Sugita. It has been a year since you (Mr.Sugita) passed away
We are sure that you are in our heart with us forever.

沖倉製材所、頑張ってますよ。杉田さん。見守っててくださいね。☺️

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事