沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 無垢板テーブルを目の前で

無垢板テーブルを目の前で

 

ランニングプレーナー導入により、沖倉製材所の得意とする無垢板テーブルトップのご注文が増え、先日の市でもテーブルやカウンターに相応しい、質の良い原木を仕入れてきました。

ビフォーアフターもこの通り。お客様の目の前で美しく仕上げ、その杢目をご覧いただけます。

製材するのが楽しみです。

面白いテーブルトップになりそうです。

製材の醍醐味は原木を製材する瞬間、目利き通りの杢目を確かめた時。

テーブルやカウンターに相応しい様々な樹種の原木から製材し、適材適所に活かしています。

沖倉製材所は東京の山のめぐみ、多摩産材普及のため、又、無垢材の素晴らしさを多くの方々にお伝えする為、日々邁進。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事