沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例や仕事あれこれ
  4. 米松の梁の代替えに 東京の木・多摩産材・赤松

米松の梁の代替えに 東京の木・多摩産材・赤松

 

先日多摩木材センターの市にて競り落としたモミと赤松。赤松は『米松の梁』の代替えに。目利きと経験値で与えられた仕事は、沖倉製材所の腕の見せ所です。これまでにも桧やスギの梁を沢山納品させて頂きました。

梁は二階梁と小屋梁があり、杉の梁を。中でも力のかかるところは桧の梁を。と、使い分けます。

二階梁は強度のある桧を選びますが、小屋梁は屋根が乗るだけなので杉で十分。木の素性も大切ですが、適材適所に樹種を選ぶことが必要です。

必要なものは東京の森からつくりだす。これこそ無垢材の家づくりの原点。沖倉製材所の得意とする所です。

ウッドショックの最中で、製材所として皆様の力になれることをありがたく感謝し、日々邁進してまいります。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表、秋川木材協同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事