沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 強度性能表示木材 グレーディングマシンの意義 製材所と工務店で建てる木の家

強度性能表示木材 グレーディングマシンの意義 製材所と工務店で建てる木の家

 

先日日刊木材新聞に取り上げて頂いた、強度性能表示について。地場の木材を安定利用するためには、それぞれの地域でグレーディング指定に対応し、住宅会社ごとに強度や含水率、目視、印字などを確認して供給することが必要です。

沖倉製材所設置のグレーディングマシン

地域によっては機械等級製材の認証工場がないか、あっても取扱量が少ない場合もあります。その場合、地域外の認証工場へ丸太を輸送し、グレーディングにかけ再び地域に戻すというケースもある中、沖倉製材所では『多摩産材・東京十二木』の強度性能表示をしています。

多摩産材を採用し、『東京の木で建てる家』に取り組む工務店の皆さまと連携し、更に本物の木の家づくりに邁進してまいります。

オールトーキョー・多摩産材の家づくり。そのネットワークが広まり始めています。

そんな家づくりは、マイホームパートナー一級建築士事務所さんがおすすめです。http://www.myhomep.co.jp/

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証役員監事・製材事業者代表、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事