沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 東京十二木×食 Part2

東京十二木×食 Part2

箸と木べらの製作についてアドバイスを求めて。四谷でこだわりの食材から調理、お酒に至るまで手を抜かない『井筒屋卯乃助』さんを訪ねました。

http://unosuke.tokyo/wp/

木べらの持ち手の厚みや長さ、ヘラ先の凹みなどについて、なぜなのかを沢山聞くことができました。

現在取り組んでいる箸の先についてもアドバイスをいただきました。

どんな業種でも、手を抜かず貫いている匠に話を聞くのは大切なこと。

【東京十二木でつくる暮らしの道具】が【東京十二木の家】で活かされるよう、頑張ってまいります。

いくらご飯を美味しく頂いて帰路につきました。最高の食材が最高の一品として活かされていました。

 

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事