沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. ◆東京十二木の家◆日野市Y様邸 構造材

◆東京十二木の家◆日野市Y様邸 構造材

平屋建て、約23坪の建物です。
構造材には柱・梁だけでなく、間柱・筋交・垂木・野地板に至るまで多摩産材の杉・檜を使用しています。(外周部には檜を使用)木の香が漂う現場は、柱・梁が整然と並び、見た目も大変綺麗です。大きな開口部以外は半間(910㎜)ピッチで柱を入れ、梁はスパンに合わせて十分な「梁せい」のものを使用しています。

また筋交や火打ち、金物なども必要箇所にしっかりと入れ、優れた耐震性の構造になっています。床の下地には杉板の「幅はぎ材」を使用。長さ方向と厚さ方向に一枚物の木材を使用し、幅方向のみを接着した板のことです。無垢材を使用しているので、ラーチ合板などに比べて断熱性が高く調湿効果もあります。接着面は幅方向のみなので接着剤の使用量もわずかであり、構造材としての役割りもしっかりと果してくれます。床下に断熱材を充填してからこのはぎ材を張っています。

https://www.myhomep.co.jp/
#マイホームパートナー
#多摩産材
#東京十二木
#地中熱
#東京の木
#東京の家
#東京の木で家を建てる
#多摩産材の新しいブランド
#沖倉製材所

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事