沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 東京の家づくりと旬伐り

東京の家づくりと旬伐り

多摩産材を守ることは、多摩地域の林業を守ること。それは、東京の木々を正当に評価し、生産者を守ること。それが人々の暮らしと環境を守ることになると考えています。

多摩産材地産地消の家づくり。東京の山が価値あるものとして江戸の時代より受け継がれて来た事を、私利私欲のためでなく、後世に引き継ぎ守るため、沖倉製材所の努力は続きます。

旬伐りの準備中の多摩木材センター。木々達が輝いています。育ててくれた先人に感謝。沖倉製材所の多摩産材の家づくりは、製材所ならではの素材から始める本物の多摩産材の家づくりです。

多摩産材がTokyowoodに。Tokyowoodから東京十二木へ。

 

 

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事