沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 多摩産材
  4. 東京十二木『浅草の家』が上棟

東京十二木『浅草の家』が上棟

杉並区の工務店さんが、浅草石浜に建てる木造三階建。『多摩産材・東京十二木の家』が本日上棟でした。

土台は桧、管柱は桧 杉、梁桁は杉、 桧 、赤松です。オール多摩産材、全て東京の森で育った木々達をふんだんに使用。本物の東京の家を、東京を代表とする浅草に建てています。

この地域は東京下町の文化として、江戸っ子の心が受け継がれた街。新旧の街の趣を残す、マンションとビルに囲まれた小さな土地で、東京の家、東京の森からの恵みがここぞと胸を張る、日本が誇る木造住宅を背負って建ちます。

多摩産材認証協議会監事としてこの上ない喜び。精一杯協力させて頂きます。

沖倉製材所は製品になる前に性能検査をしっかりとし、その品質の良さを確実に行なった後に製品として仕上げる。他にはない本物の東京の木・多摩産材をお届けしています。

沖倉製材所代表取締役社長 沖倉喜彦は一級建築士であり、多摩産材認証協議会監事・製材事業者代表、秋川木材共同組合代表理事です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事