沖倉製材所

多摩産材が
 もたらす
  幸せな暮らし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. 製材所から始める多摩産材の家

製材所から始める多摩産材の家

二年前、木材高騰の『ウッドショック』について取材を受け、その思いをFacebookに投稿させて頂きました。

シェアが52件もあり、多くの皆様に関心をお寄せいただいたことを思い出しています。

二年後の現在も、多摩産材の道はぶれることなく続き、ご発注頂いた案件のもみの木の製材が始まり、多摩木材センターでは新たに檜原村産もみの木を競り落としてまいりました。

もみの木はもちろん、桧も杉も木により木取りは違って来ます。それは木の径であり、素性であり、節目であり、それらを最大限に活すことが製材の喜びです。

明日5/12(金)は地産地消に取り組む設計士や工務店向けのバスツアーを控え、心地よい季節の中、工場も多くのやりがいを頂き稼働している毎日に感謝です。

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    関連記事